「孫をたずねて三千里」で中間淳太がオープニングから感極まる

長い間孫に会えていない祖父母が孫を訪ねるバラエティー番組
「孫を訪ねて三千里」が関西テレビで放送されました。

この番組で孫の立場として中間さんが出演して、オープニングの
VTRからすっかり感情移入してしまったそうです。

この番組について書いていますので見ていって下さいね。

スポンサーリンク

「孫をたずねて三千里」で中間淳太が感極まる!

「孫をたずねて三千里」

長い期間孫に会えていない祖父母が孫に会いに行く番組、
「孫をたずねて三千里」が関西テレビで放送されました。

この番組は昨年3月に第1弾が放送された第2弾めになります。

出演者はつるの剛士、はるな愛、桂ざこば、未知やすえの他に
孫の立場として中間さんが出演されました。

中間さん自身もおじいちゃん、おばあちゃんっ子だそうで、
台湾と日本で離れて暮らしている自分に重なるところが多かったのか、
オープニングのVTRからすでに感極まってしまったみたいです。

おじいちゃんやおばあちゃんは両親とは違い、存分に甘えられる存在だと
思います。

孫が成長して遠いところに住んでいたりするとなかなか会うことはできなく
なりますが、この番組では孫に会いに行って祖父母と孫との
深い愛情を感じられる番組になっていたんではないでしょうか。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ